小川研究室のアドミッションポリシー



最終更新日:2007年(平成19年)1月24日

  1. 小川研究室のアドミッションポリシー
  2. 小川研究室が求める学生のタイプ


小川研究室のアドミッションポリシー

小川研究室での大学院教育は,世界の第一線で活躍できる研究者・学者を養成することを第一の目標にしています。勉強好きで知識の豊富な博学を養成するつもりはありません(勉強は生涯続くものです)。もちろん,これに異論を持つ先生も沢山いらっしゃるでしょうし,不満やいぶかしさを持つ学生も大勢居ることでしょう。それはそれで当然だと思います。まったく構いません。このwebページでは,小川研究室では何が出来るか,何を目指すか,小川が大学院教育として何をするかを,前もって明示しておきます。

上記の教育目標のために,修士課程(前期博士課程)2年間+博士課程(後期博士課程)3年間+αの「5カ年一貫教育」を前提とします。ごく簡単に表現しますと,

よって,次のような希望や予定を持っている人は,小川研究室の大学院教育理念と噛み合わない点もありますので,進学を慎重に検討し直してください(断念しなさいと言っているのではありません)。 最初の2つは,小川研究室の教育目標とは明らかに異なります。3番目は意外かも知れませんが,きわめて重要です。研究者になるための第一歩は,「研究とは何か」を自分なりに明らかにして自覚することです。しばしば,「勉強」と「研究」を混同している人がいますが,質的にまったく異なる作業だと小川は考えています。この違いを修士課程2年間で納得させることが,小川研究室の大学院教育の大前提です。

「勉強」によって,知識は増えるでしょう。しかし,それ自体が目的になってはなりません。「勉強」はあくまでも,「研究」のための一手段であるべきです。また,「勉強」することは,「研究」の十分条件ではありません。十分に「勉強」したからといって,素晴らしい「研究」成果が出るとは限りません。他方,あまり「勉強」しないからといって,良い「研究」成果が決して出ないとも言えません。「勉強」と「研究」は,似ているようで,質的に異なる作業であることを,小川研究室ではハッキリと認識してもらうことになります。

勉強,勉強などと大声で言わずとも,勉強は,(研究者であるならば誰もが)当たり前のように,自発的に,死ぬまで,毎日行っていることです。

小川研究室では,「研究者を養成する」ことが教育の第一目標ですから,「勉強」を教えるのではなく,「研究」の方法を教えます。「研究」とは,誰も(小川も)知らないことを探る作業ですから,その結果は誰も知りません。どのような方法で解答にたどり着くことが出来るのか,そもそも解答は存在するのかさえも分からない問題にアタックするのが「研究」です。だから,「先生はきっと解答を知っているのだろうから,困ったときは先生に相談して,教えてもらおう」というメンタリティーでは,研究者には絶対になれません。

さらに注意してもらいたいのは,理論的研究と実験的研究の違いです。理論的研究は「個人プレー」の色彩が濃いです。すなわち,個人個人の脳細胞の活動にすべてが起因し帰着する営みです。つまり,小川がいくら研究のできる「指導教官」で,あなたがいくら研究に未熟な「大学院生」であっても,小川があなたの脳細胞の中には立ち入って,手助けをしてあげることは出来ません。どんなに研究討論したり,(世に言う)研究指導をしてあげたとしても,結局活動するのは,本人の脳細胞です。指導教官の脳細胞が働いても,大学院生自身の脳細胞が動かない限り,大学院生の研究にはならないのです。もちろん,小川は討論には喜んで付き合います。しかし「討論」とは,小川から解答をもらう作業ではないことを理解して下さい。解答を探すのは,あくまでも研究をしているあなたです。討論が不可欠なのは,解答を「探す」過程のヒントやきっかけ発掘のためです。

さらに,「個人プレー」であるからこそ,個人個人の研究テーマが重要です。「テーマを見つける」「テーマを決める」過程は,理論的研究ではきわめて大切です。個人の貴重な時間とエネルギーを研究に投下するわけですから,それなりの動機付けとやる気が不可欠です。そのために,自分が「面白い」「研究したくて堪らない」というようなテーマを選ばなければなりません。自発性が大切です。指導教官から押しつけられたテーマをいやいや研究しても,素晴らしい進展が望めるはずがありません。他人(指導教官)から言われたことをするだけでは,たとえ完璧にやり遂げたとしても,そして運良く修士号や博士号を取得できたとしても,その後,「世界の第一線で活躍できる研究者・学者」になれるとは限りません。
自分が没頭できるくらいに「気に入った」テーマを選ばなければ,有意義な「研究」はできませんから,テーマ選びは,研究の重要な部分です。小川研究室では,テーマの重要性や意義を判断できる目を持ってもらうことも,教育の重要なポイントと考えています。テーマの学問的価値や時期的ニーズをふまえて,自分の好みや適性も自分で加味して,テーマ探しをしてもらう作業を重視しています。ですので,修士課程の大学院生でも,修士論文の研究テーマを,まずは自分で探して判断する訓練を課しています。博士課程になりますと,もちろん自分でテーマを探し,そのテーマがいかに重要かを小川に説明し,小川を納得させてから研究を始めてもらいます。当然のことですが,研究テーマは,客観的に見ても,「学問的に重要」で「未知」のものでなければなりません。「社会的重要さ」のウェイトも,今後は少しずつ増えてくるでしょう。

「研究」はcreativeな作業です。いわゆる「やっつけ仕事」「ルーティン」ではありません。ですから,心の安寧が無ければ,真の意味でcreativeで重要な研究は出来ません。心の安寧とは,良い人間関係,満たされた物質環境,最低限十分な資金環境などが基礎となります。心の安寧は,大学院生にも必要と思います。ですので,小川研究室では,研究者養成という教育目標のために,心の安寧が得られるような環境,そして楽しく脳細胞を使うことのできる雰囲気を重要視しています。脳を使う作業を楽しいと思い,充実した知的生活を毎日過ごせるような環境も,研究のために重要であることを認識してもらいたいと思います。

理論的研究は,上述のように,「個人的」色彩が強いので,個性を生かす必要があります。そのために,小川研究室は,テーマ選定だけでなく,研究手法や「勉強」と「研究」のバランスなども,ほとんどすべて自由で,本人の自主性や計画性に任されています(というか,故意に任しています)。生活時間までも自由です。この「自由」は,研究者になるために不可欠な「自主的判断」を身につける上での「自由」です。自分の計画や行動に責任を持ち,研究に邁進する者のみが享受できる「自由」です。しかし,結果は伴わなければなりません。極論すれば,結果が伴うのならば,何をやってもよろしい,と理解してもらっても構いません。逆に言えば,この自由さに耐えられない人,つまり指導教官から「これをしなさい。それが終わったら次はあれを・・・」と言われたい人は,小川研に来ると(本人も小川も)悲劇です。小川研の教育目標に鑑み,小川は「これをしなさい。それが終わったら次はあれを・・・」と決して言いませんし,故意に言いません。

小川研究室で受けられる教育の概要と精神論を述べました。もちろん,このような文面を公開することで,小川研究室の敷居を高くしたいわけでもありませんし,上記箇条書きのような学生諸氏を排斥したり拒否したりすることは決してありません。小川の目指す大学院教育を有効に実施し,その教育が最大限有意義な成果として現れるようにしたいだけです。そのために,大学生の皆さんは,大学院入学前に小川の教育理念を理解し,自分の目的との適不適を判断し,誤解をなるべく少なくする努力をしていただきたいと思います。小川も,このwebページだけでなく,口頭でも何度も説明する努力は怠りません。遠慮無く,研究室見学や相談に来てください。


大学院での教育の眼目は、学問の研究とはどのように行われているのかを身をもって具体的に知ることです。よって、教官が第一級の研究をしているところでこそ、大学院教育を受ける最大の意味が生じます。柏原啓一先生(東北大学文学部)の言葉を借りて言えば、「研究とは問題の発見と解決の提案」です。

問題発見と解決提案の2点に対して大切なことは、これらが主体的に行われること独創的であることです。研究が真に研究の名に値するか否かは、それが主体的かつ独創的であるかどうかにかかっています。場合によっては、指導教官が現在抱えている問題の一端が大学院生に与えられることにより、問題の選択に幅がないように思われる場合があるかもしれません。しかし、その場合でも、その課題の範囲の中で解決を探る際に、与えられた問題に対する取り組み方にいろいろと創意工夫をめぐらす余地はあるはずで、そのことを通じて解決の提案にも独自性が生まれることになります。

大学生活あるいは大学院生活の時代は、人生の中でも人格形成という点で最も重要な時期です。人間は一人で自分を創りあげていくわけではありません。自分が自分になっていくに際して、友人や先輩後輩、家族や教師など、他人が常に自分の人格形成に食い込んできているのであり、人間関係の中で自己を創りだしていくのです。自己育成の上で大切なこの時期に、他人とつきあうすべを習得しつつ極力様々な人々と接するように心がけるとよいと思います。



小川研究室が求める学生のタイプ